開催間近!TechCrunch Tokyo 2019で使えるネットワーキングツールEventHubを公開

日本最大級のスタートアップとテクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo」が、今年は11月14日(木)、15日(金)の2日間に渡って、東京・渋谷ヒカリエで開催される。現在一般チケット(4万5000円)のほか、5人以上の一括申し込みが条件の「団体チケット」(2万円/枚)、設立3年未満(2016年10月以降に設立)のスタートアップ企業に向けた「スタートアップチケット」(1万8000円)、学生向けの「学割チケット」(1万8000円)、指定席と専用の打ち合わせスペースを利用できるVIPチケット(10万円)を販売中だ。

チケット購入はこちらから

TechCrunch Tokyo 2019のチケットを購入すると、当日に会場で来場者同士やスタートアップ企業の経営者などと直接会って話せる「EventHub」と呼ばれるビジネスマッチングサイトを利用できる。開催期間中は渋谷ヒカリエに専用のネットワーキングエリアが用意されており、EventHubのサービス上で予約できる。

チケット購入者には順次、個別のURLを記載した招待メールを送付している、メール内に記載されたリンクからEventHubにウェブサイトに移動し、自分のプロフィールを登録してほしい。

プロフィール登録後は、ほかの参加者のプロフィールを検索し、ミーティングリクエストを送ることができる。お互いにリクエストを承認するとチャットルームが開くので、そこでミーティングする時間と場所を決めよう。

チケット購入はこちらから

Source: TechCrunch Japan
開催間近!TechCrunch Tokyo 2019で使えるネットワーキングツールEventHubを公開