アマゾンが2年ぶりの利益未達で時間外株価7%減

Amazon(アマゾン)は米国時間10月24日の決算報告で、2年ぶりに利益目標に届かず時間外取引で約7%、118.38ドル株価を下げた。

証券アナリストらは、翌日配達(one-day shipping)がAmazonの利益をむしばむと予測していたが、そんな警告にもかかわらず投資家は時間外取引で同社株を叩いた。最も重要なホリデーシーズンを含む同社の第4四半期予測が芳しくなかったこともいい影響を与えなかった。

悪いニュースの中でにあって、Amazonの売上が伸びていることは明るい知らせだ。同四半期にAmazonは700億ドル(約7兆6000億円)を売上げ、アナリスト予測の688億ドル(約7兆4700億円)を上回った。

しかし、利益は21億ドル(約2300億円)、1株当り4.23ドルで、アナリストが予測した4.62ドルにおよばなかった。そして、今年は売上が伸びたにも関わらず、1株当たり利益は昨年同期の5.75ドルから減少した。MarketWatchが指摘しているように、同社の利益が減少したは2017年以来初めてだった。

Screen Shot 2019 10 24 at 2.24.19 PM投資家にとってもうひとつの注意信号は、同社のウェブサービス事業の売上が90億ドル(約9800億円)と、アナリストらが予測した約92億ドル(約1兆円)に届かなかったことだ。事業(前年同期より順調に35%伸びてはいる)が競争のために伸び悩むようだと、AWSの売上で他の出費を賄っている同社の株価に悪影響を及ぼす可能性がある。

Amazonは年間を通じて新サービスの提供に多額の資金を投入している。無料翌日配達サービスの拡大は、Amazonの第2四半期に8億ドル(約8700億円)以上の出費をもたらした。

同社創業者でCEOのJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏は、声明の中で翌日配達への移行を擁護した。

「顧客はプライムサービスが翌々日から翌日に変わったことを大いに喜んでいる。今年になってから数十億ドルの注文を翌日配達で受け付けた。これは大きな投資であり、顧客にとって正しい長期的決断だった」とベゾス氏は語った。「しかも、直感に反するかもしれないが、最速の配達は炭素排出量を最小限に抑える。商品が顧客に非常に近い配送センターから出荷されるからだ。長距離の空路や陸路を利用することはもはや実用的ではない。

来たるべきホリデーシーズンについて、Amazonは売上高800~865億ドル(約8兆7000億〜9兆4000億円)、営業利益12~29億ドル(約1300億〜3150億円)を見込んでいる。昨年同期の営業利益は38億ドル(約4130億円)だった。アナリストらは売上870億ドル(約9兆4540億円)以上と予測している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: TechCrunch Japan
アマゾンが2年ぶりの利益未達で時間外株価7%減