ブガッティ・チェントディエチは1600馬力で9億円超、90年代スーパーカーのリバイバル

VWグループのフランスの自動車メーカー、Bugatti Automobiles(ブガッティ・オトモビル)が史上最強のスーパーカー、ブガッティ・チェントディエチを製作することを発表した。チェントディエチは同社のスーパーカー、シロンをすこーし上回る1600馬力を発生するエンジンを搭載する。しかし驚くべきなのはパワーだけではない。価格も890万ドル(約9億4660万円)という空前のレベルに達している。

クサビ形で角張ったシルエットのスーパーカーはエンブレムやフロントグリルなどにブガッティの特徴を残しているものの、全体としては同社をロマーノ・アルティオーリが所有していた1991年に製作されたミッドエンジンのEB110の遺産を強く受け継ぐデザインとなっている。

モンテレー・カー・ウィークで世界デビューしたチェントディエチは、一見したただけで90年代のスーパーカーから強いインスピレーションを受けていることがわかる。

bugatti front

ブガッティ・チェントディエチ

EB110を押しつぶしてクサビ型にしたようなデザインではではあるものの、チェントディエチは90年代スーパーカーのコピーではない。現代のブガッティのデザイナーはEB110のモダナイズに成功している。ブガッティのチーフ・デザイナー、アキム・アンシャイト氏は次のようにコメントしている。

20世紀のクラシックなスーパーカーのデザインを単なるコピーでなしに21世紀によみがえらせるのは、控えめに言っても、多大の技術的困難を伴った。(前モデルの)シロンのテクノロジーをベースにしながら複雑な空気熱力学上の要求と(シロンとは)まったく異なるフォルムを組み合わせる方法を見つけるねばならなかった。

チェントディエチはイタリア後で110という意味だ。こはEB110のリバイバルであることを意味するだけでなく、エットーレ・ブガッティがこの会社を創立して110周年にあたることも記念している。

奥まったフロントスポイラー、3分割のエアインテークがまず強烈な印象を与える。ブガッティのトレードマークである馬蹄形はこのモデルではごく控えめにフロントグリルの中央に用いられている。これはチェントディエチのフロントがクサビ型に強く傾斜しているためだといいう。このモデルのヘッドライトはきわめて細いが、このデザインは強力なLEDランプを内蔵することで可能になった。ヘッドライトケーシングは日中のライトも内蔵する。キャノピー直後の片側5個の正円の給気口がミッドシップに搭載されたW型16気筒のエンジンにエアを供給する。

bugatti centodieci

チェントディエチの90年代へのオマージュは外見のデザインだけだ。車内は完全に現代のエンジニアリングであり、8リッター W16エンジンは1600馬力を叩き出し、0から100kmの加速はわずか2.4秒だという。最高速度は電子リミッターで時速270kmに制限されている。

ブガッティの生産責任者であるPierre Rommelfanger氏はTechCrunchのインタビューに対し「ブガッティ・オトモビルはチェントディエチを10台のみ限定生産するが、すでに全車予約済みだ」と述べた。こうしたスーパーカーは販売前に顧客からの注文によっって高度にカスタマイズされているのが通例だ。チェントディエチも例外ではないだろう。「生産を妨げないかぎりいかなるカスタマイズも可能だ」という。

チェントディエチが顧客の手元に届くのは2022年になる見込みだ。ブガッティではチェントディエチ以外のオーダーを受け付けており、ブガッティ・ディーヴォとラ・ヴォアチュール・ノワールを製造中だ。もしステファン・ウィンケルマン社長の「毎年2モデルを生産する」というプランが実現できるのなら、ブガッティ・オトモビルはチェントディエチの次のモデルを間もなく発表するはずだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook

Source: TechCrunch Japan
ブガッティ・チェントディエチは1600馬力で9億円超、90年代スーパーカーのリバイバル