つくば市、支援事業の最終審査をネット投票でも実施へ 〜昨年度に引き続きブロックチェーンとマイナンバーカードを活用

茨城県つくば市は8月14日、マイナンバーカードおよびブロックチェーン技術を活用したインターネット投票を8月28日に実施することを発表した。同市が募集する「令和元年度つくばSociety 5.0社会実装トライアル支援事業」の最終審査にインターネット投票を実施する。昨年度に引き続きインターネット投票となるが、今年度は新たに顔認証技術による本人確認を導入する。

Source: 仮想通貨 Watch
つくば市、支援事業の最終審査をネット投票でも実施へ 〜昨年度に引き続きブロックチェーンとマイナンバーカードを活用