米リップルCEO、仮想通貨リブラを有益だが「シリコンバレーの傲慢」と評価 〜マネロン対策など法規制の準拠には慎重に当たるべきと主張

米Ripple社CEOのブラッド・ガーリングハウス氏は7月18日、米CNBCのインタビューに応じ、Facebookが2020年に公開を予定する仮想通貨「Libra(リブラ)」についてコメントした。ガーリングハウス氏はリブラを「消費者や企業にとって非常に有益」と評価し、金融システムの仕組みを変える大きな機会をもたらすと述べた。

Source: 仮想通貨 Watch
米リップルCEO、仮想通貨リブラを有益だが「シリコンバレーの傲慢」と評価 〜マネロン対策など法規制の準拠には慎重に当たるべきと主張