2019年上期のアプリ売上高は4.3兆億円、前年同期から15%アップ

アプリストアの売上高は引き続き成長している。ただ、過去のような急激な成長ではない。Sensor Towerが発表した新たなレポートによると、iOSのApp StoreとGoogle Play合わせて2019年上期のグローバルでのアプリ売上高は397億ドル(約4.3兆円)だった。これは昨年同期の344億ドルから15.4%のアップだ。しかし2018年上期の数字は、269億ドルだったその前の年の同期から27.8%増だった。

レポートではまた、消費者の支出においてApp Storeは引き続きGoogle Playを大きく上回っていることが明らかになっている。

2019年上期、世界の消費者はApp Storeで255億ドル(約2.7兆円)を使った。これは2018年上期の226億ドルから13.2%のアップだ。比較すると昨年の消費額の成長率は26.8%だった。

それでもApple(アップル)の2019年上期の推定255億ドルは、前年同期から19.6%増となったGoogle Playの142億ドルより80%多い。

成長スピード鈍化の主な要因は中国のiOSの売上で、これがグローバル全体の鈍化につながった。しかしSensor Towerは今後12カ月で中国は再び成長路線に戻ると見込んでいる、とTechCrunchに対し語った。

また、中国要因と比較すると小さなものだが、鈍化には両アプリストアで最も売上額の大きなアプリの一つであるNetflixも関係している。

昨年NetflixはAndroidユーザー向けにアプリ内購読の新規登録を終了した。そして2018年12月末にiOSユーザー向けに対しても同じ措置をとった。もちろん、それですぐに売上高がゼロになるということではない。既存の購読者から売上は今後もある。しかしその数字は小さくなることが見込まれる。というのも、Netflixはアプリ内購入オプションなしでグローバル展開していて、購読者をNetflixのオンラインに誘導しているからだ。

Sensor Towerによると、2019年上期にNetflixはゲーム以外のアプリとしては2番目に売上高が大きく3億3900万ドルだった。これは前年同期の4億5900万ドルより小さかった(Sensor Towerは、70:30としていたNetflixとAppleのApp Storeの売上高配分の比率を2年目以降85:15にし、推定はこの数字に基づいていることを指摘しておく。しかしDaring FireballのJohn Gruber氏は、NetflixがAppleと特別な関係を持っていて、1年目から85:15だった、と主張している)。

いずれにしても、Netflixのアプリストア売上への貢献は減少傾向にある。

昨年上期、Netflixはゲーム以外のアプリの中で売上高はトップだった。今年そのトップの座は、 iOS App StoreとGoogle Play合わせて推定4億9700万ドルを売り上げたTinderのものとなった。

しかしTinderの優勢は長く続かないかもしれない。

eMaketerの最近のデータによれば、デートアプリの利用者数の成長は予測よりも鈍化していて、これによりeMaketerは推定ユーザー数を下方修正した。eMaketerは今年のTinderの米国人月間ユーザー数は2510万人で、以前公表した予測2540万人よりも少なく見積もっている。eMaketerはまた米国の独身成人で今年Tinderを利用する人の割合は21%にとどまり、2023年までに23%にしか成長しないと予想している。

つまり、Tinderのトップの座は今年後半に他のアプリに取って代わられるかもしれない、ということを意味している。特に新たなストリーミングサービスが好発進している(そうしたアプリではアプリ内購読を提供するとみられる)。もしTikTokが売上に本腰を入れれば、あるいは他に力のある中国のアプリが中国のサードパーティアプリ外でグローバル展開したら、その可能性は十分にある。

例えば、Tencent Videoは2019年上期にサードパーティーの中国でのAndroidアプリストア以外のところで2億7800万ドルを売り上げた。売上高で見ると、これはゲーム以外のアプリとして3番目に大きなものだった。そして中国のビデオプラットフォームiQIYIは第4位、YouTubeは第5位だった。

一方、iOSアプリのインストールは、中国での減速につながった2019年第1四半期のダウンロード数減少に続き、2019年上期としても減少した。

今年上期には全体で567億回のダウンロードがあったが、App Storeでは148億回だった。

同時期、Google Playでのインストールは16.4%増の419億回で、これはiOSのおおよそ2.8倍だった。

2019年上期に最もダウンロードされたアプリの顔ぶれはこれまでと変わらない。上位をWhatsApp、Messenger、そしてFacebookが占めている。しかし4位の座はわずかな差でTikTokがInstagramから奪った。TikTokは28%成長し、世界で3億4400万回インストールされた。

モバイルゲーム分野をみると、今年上期の支出額はApp StoreとGoogle Play合わせて全年同期比11.3%増の296億ドルに達した。中国でのゲームライセンス凍結が解除されたおかげで、App Storeのゲーム分野の売上高は前年同期比7.8%増の176億ドルだった。Google Playでは16.8%増の120億ドルだった。

売上高の大きかったゲームは順番に、Honor of Kings、Fate/Grand Order、モンスターストライク、Candy Crush Saga、そしてPUBG Mobileだった。

一方、ダウンロード数が多かったゲームは、Color Bump 3D、Garena Free Fire、PUBG Mobileだった。

イメージクレジット: Sensor Tower
[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch Japan
2019年上期のアプリ売上高は4.3兆億円、前年同期から15%アップ