ランサーズ、フリーランスが会社機能を持てる新サービスーー第1弾は月額480円で法律・会計相談

クラウドソーシングサービス「ランサーズ」などを運営するランサーズ。同社は6月28日、フリーランスが抱える様々な課題に対して複数のソリューションを展開していくことで、個人が会社機能を持てるサービス「Freelance Basics」を発表した。

第1弾として本日より月額480円で弁護士や税理士の支援を受けられるサービスを始める。

Freelance Basicsはフリーランスが個々人の得意な領域に集中できるように、事業活動をする上で負担となる業務や不得意な領域を総合的に支援するサービスだ。

中小企業庁の「小規模事業者の事業活動の実態把握調査」を見ると、フリーランスになる際に直面とした課題として、顧客の確保や専門知識・技術の習得、経営知識の習得といった項目が上位に並ぶ。専門領域ごとに役割が分担されている会社員とは違い、フリーランスは基本的にすべての業務を自身で手がける必要がある。単独活動のため相談相手も少なく、不慣れな作業に膨大なコストがかかっているケースも少なくない。

このような課題にも直結する「フリーランスと会社員の差分」を少しでもなくしていこうというのが、Freelance Basicsの取り組みだ。これまで同社が「ランサー生活圏構想」のもとで展開してきた各サービスを統合し、そこに新たなサービスも加えることで、フリーランスのバーチャル株式会社化の実現へ向けて本格的に事業化する。

フリーランスと会社員の差分に関するイメージ

具体的にはフリーランスが抱える課題に対し「成長」「安心」「生産性」の3つの観点と、それに紐づく「コミュニティ / 教育」「金融」「補償 / 保険」「専門家支援」「業務効率化」という5つの領域でサービスを運営する方針。新サービスの第1弾としてリリースしたのが、冒頭でも触れた月額480円で専門家へ業務の悩みを相談できる仕組みだ。

相談の対象となるのは会計と法律の2分野。会計サービスでは確定申告支援や専門家相談窓口などを通してフリーランスの「お金まわり」を、法律サービスでは契約書関連の支援や弁護士相談窓口などを通して「法律まわり」をサポートする。

Freelance Basicsにはこれまでランサーズが発表してきたベーシックワーク制度教育プログラムオンライン融資サービスフリーランス向けクレジットカードなどが統合。今後も新たなサービスを加えながら、「フリーランスと共に課題解決を行う領域を追求・拡大していく」という。

「Freelance Basics」サービス提供領域のイメージ。水色箇所はすでに提供を開始している領域だ

Source: TechCrunch Japan
ランサーズ、フリーランスが会社機能を持てる新サービスーー第1弾は月額480円で法律・会計相談