スマートディスプレイ「Google Nest Hub」は価格1万5120円で6月12日発売

Google(グーグル)は6月5日、スマートディスプレイ「Google Nest Hub」を6月12日に国内販売することを発表した。税込価格は1万5120円。本体色は、Chalk(チョーク)、Charcoal(チャコール)、Aqua(アクア)、Sand(サンド)の4色。実際の色みは順に、ホワイト、ブラック、グリーン、ピンクに近い。Google Storeのほか、大手家電量販店の実店舗やオンラインストアから購入できる。

Google Nest Hubは、Googleアシスタントを内蔵したスマートスピーカーの「Google Home」にディスプレイを追加したような製品。音声だけではわかりにくい情報を地図やテキストなどを表示してユーザーに提示してくれる。最大6人の声を聞き分けることもできる。

キッチンなどで活用できるレシピサイトは、kurashiru、DELISH KITCHENなど8社のサービスを利用可能だ。なお、クックパッドはサービス対象外だ。

対応するIoT家電は、アイリスオーヤマやiRobotの掃除ロボであるルンバ、スマートロックのQrioなど15社の製品となる。そのほか、ウェザーニュースや日経電子版、テレ朝ニュースなどのニュースサービス、Google Play MusicやSpotify、dヒッツなどの音楽サービス、YouTubeやHulu、U-NEXTなどの動画サービスもサポートする。ラジコを利用したラジオ放送も楽しめる。

国内で販売されるのはカメラを内蔵していないモデル。寝室などのプライベートな場所に置いても万が一の情報漏洩を避けられるのもポイントだ。環境光(アンビエントライト)センサーがディスプレイ上部に備わっているので、部屋の明るさに応じてディスプレイの輝度が自動調整される。つまり、深夜に眩しすぎる画面を見つめる必要はない。

Google Nest Hubを購入すると、YouTubeやYouTube Musicを広告なしで視聴・聴取できるYouTube Premiumを3カ月無料で利用できる。

Source: TechCrunch Japan
スマートディスプレイ「Google Nest Hub」は価格1万5120円で6月12日発売