Googleの調査データが2段階認証の対ハッカー防御効果を実証

何が最良のセキュリティ対策か、という質問をよく受ける。

長い答は「どんな脅威かによるね」だ。圧倒的多数の人々にとっての最良のセキュリティ対策は、核科学者や政府の諜報部員が必要としているようなレベルのものではない。

短い答は「2段階認証を使いなさい」で足りる。でも、誰も信じようとしない。

でも、サイバーセキュリティのプロなら誰もが、ユニークなパスワードや強力なパスワードを使うよりもそのほうが重要と言うだろう。2段階認証は、通常のログインプロセスよりもやることがひとつ増えて、ユニークなコードをユーザーが持っているデバイスに送ってくる。でもそれは、あなたのアカウントのデータを盗もうとするハッカーに対する最強の防御だ。

ぼくのこんな言葉よりいいものがある。Googleが今週発表したデータは、貧弱でシンプルな2段階認証ですら攻撃に対して強いことを示している。

ニューヨーク大学とカリフォルニア大学サンディエゴ校が協力したその研究によると、テキストメッセージやデバイス上のプロンプトなど、デバイスベースの認証要素(認証コード)は、どんな種類のよくある大規模攻撃に対しても防御力が強いという結果だ。

Googleのデータは、2段階認証のコードとしてスマートフォンに送られてきたテキストメッセージは、盗んだパスワードをログインページで使おうとする自動化ボットを100%防げたことを示している。またパスワードを盗もうとするフィッシング攻撃の96%を防げた。

アカウント乗っ取りの犯行タイプ/対象別防止率(画像提供:Google)

2段階認証には、いろんなやり方がある。前に説明したように、テキストメッセージで送られてくる2段階認証のコードはハッカーが横取りすることもありえるが、2段階認証を使わないよりずっといい。認証アプリ経由で送られてくる2段階認証コードは、さらに安全だ。

機密性の高いアカウントを護るセキュリティキーなら、自動化ボットとフィッシング攻撃の両方を防げるが、国家が犯行に絡んでいるようなターゲットを絞った攻撃には、やられることがある。でもそんな攻撃に遭うのは100万人に一人ぐらいだとGoogleはコメントしている。

それ以外の普通の人なら、アカウントに電話番号を加えておいたら、その電話へのテキストメッセージで簡単な2段階認証コードが送られてくるという方式でも、ないよりはずっとましだ。専用アプリなら、もっといいのだが。

乗っ取られなかったあなたのアカウントは、あなたの苦労に感謝するだろう。

関連記事: Cybersecurity 101: Two-factor authentication can save you from hackers(2段階認証がハッカー被害を防ぐ、未訳)

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch Japan
Googleの調査データが2段階認証の対ハッカー防御効果を実証