TechCrunch Tokyo 2019は11月14日、15日に開催決定、9回目を迎えるスタートアップの祭典

TechCrunch Tokyo 2019の開催日が2019年11月14日、15日に決定した。TechCrunch Japanが主催する今年で9回目を迎えるテクノロジーとスタートアップの祭典で、会場は昨年と同じく東京・渋谷ヒカリエとなる。

昨年はTechCrunch Tokyoのピッチコンテスト「スタートアップバトル」に100社超のスタートアップが参加し、最優秀賞にはムスカが輝いた。もちろんスタートアップバトルの開催も決定しており、8月ごろから応募受付を開始する予定だ。応募資格は、2016年10月以降に設立(上場企業の子会社でないこと)で、ローンチ1年未満(2018年10月以降)もしくは未ローンチのプロダクトやサービスを擁する企業だ。

昨年のスタートアップバトルは、サラブレッド化したイエバエでタンパク質危機の解決を目指す、ムスカが最優秀賞となった

関連記事
飼料と肥料に革命を起こすハエ技術のムスカ、丸紅に続き伊藤忠と提携し10億円超調達へ
クラウド養豚システム「Porker」の販路拡大、Eco-Porkが伊藤忠飼料と協業へ
スキマ時間に面接不要で働けるタイミーの新事業、旅をしながら働く「ただ旅」
置き配は再配達率を減らす救世主になるか、置き配バッグ「OKIPPA」が3.5億円調達
クラウド型タクシーコールセンターの電脳交通がJR西日本と連携
介護施設マッチングサービス「KURASERU」運営が1.3億円を調達
POLが産学連携プラットフォームの「LabBase X」をローンチ
査定1時間、最短2日入金の中古マンション買取「すむたす買取」が法人向け無料サービスを開始
採用管理システム「HERP ATS」正式リリース、社員参加型採用にも対応
カスタマーサクセス管理ツール「HiCustomer」が正式リリース
新生「JobRainbow」が3/1にリリース、より総合的なLGBTリクルーティングプラットフォームに
GVA TECHが法人登記に必要な書類を自動作成する「AI-CON 登記」をリリース
NearMeが最大9人をピックアップしてゴルフ場まで運ぶシャトルバスの運用開始
安曇野FINISHドローン誕生か、エアロネクストとVAIOが量産化に向けてタッグ

国内外の著名スピーカーの登壇が目白押しだった昨年は、有料入場者数は過去最高の2200人超え。その結果、1日目の朝9時から始まる最初のセッションから立ち見が出るほどの盛況だった。今年も国内外の注目人物への登壇依頼を進めており、正式決定次第TechCrunch Japanのサイトで順次発表する予定だ。まだ言えないが、あっと驚く人物との交渉も進めているので大いに期待して待っていてほしい。登壇者の決定の記事は7月ごろから順次アップしていく予定だ。

昨年は、Toyota AI Venturesのマネージング・ディレクターJim Adler氏とのファイアーサイドチャットからイベントがスタート

関連記事
Toyota AI Venturesが110億円規模の2号ファンドを設立「マイクロモビリティー」にも着目か

TechCrunch Tokyoは、来場者の6割強が初参加というスタートアップ関連では珍しいイベント。参加企業も毎年変わっており、スタートアップの今を知る絶好の機会となるはずだ。チケットの販売は7月下旬〜8月上旬を予定している。こちらも準備が整い次第当サイトで告知するので、楽しみに待っていてほしい。

昨年の登壇者

Source: TechCrunch Japan
TechCrunch Tokyo 2019は11月14日、15日に開催決定、9回目を迎えるスタートアップの祭典