Uber、IPOの評価額目標は最大10兆円との報道

Uberは、来るべきIPOの売り出し価格を44~50ドルとし、80~100億ドルの調達を目指している。この場合の企業評価額は800~900億ドルになる。Bloombergが報じた

これまでの報道では、Uberの評価額を1200億ドル前後としていた。それでも上記の金額は、最後の調達ラウンド後の評価額760億ドルより高い。

この評価額の落ち込みは、Lyftの公開市場での実績に影響されたためである可能性が高い。NASDAQデビュー後、Lyftの株価は初日に10%近く高騰した後、苦戦を続けている。

Uberはまだ、IPOの条件を正式決定していないが、早ければ明日には発表すると報じられている。Uberが予想されている価格範囲の下限を選んだとしても、LyftのIPO評価額23.4億ドルの3倍以上になる。UberのIPOは、2014年のAlibaba以来米国最大になる

2018年、Uberは売上112.7億ドル、純利益9.97億ドル、調整後EBITDA損失18.5億ドルを計上した。Uberは2週間前にIPO申請し、5月にニューヨーク証券取引所に上場する予定。

UberIPOでトラヴィス・カラニック氏はビリオネアに、1兆円価値の株を保有

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: TechCrunch Japan
Uber、IPOの評価額目標は最大10兆円との報道