次期iPhoneは3眼カメラ搭載か

今年も投入されるであろう次期iPhoneでは、3眼カメラが搭載される公算が高そうだ。複数方面から伝えられるいくつかの噂が、2019年モデルに3眼カメラが搭載されることを示唆している。

Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]が最初に伝えた「中国の信頼できるサプライヤー関係者の情報」によれば、6.1インチと6.5インチの有機ELディスプレイを搭載したモデルにて3眼カメラが搭載され、ベースモデルから差別化されるとしている。

このような多カメラ化がディスプレイサイズの大型化のきっかけになっている、という見方もある。Apple(アップル)関連の噂は常に不確定性がつきまとうが、同サイトの情報にはこれまで実績があるのも事実だ。

これらの情報より、数年前より1000ドルを突破したiPhoneが、さらに高くなるという予測も登場している。ただし、5G通信に対応したモデルは今年は間に合わないようだ。5G通信対応モデルは2020年以降の登場となるだろう。

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter

Source: TechCrunch Japan
次期iPhoneは3眼カメラ搭載か