Apple TVアプリがスマートTVやRoku、Fire TV、Macにも対応

Apple(アップル)は「Apple TV」アプリの新たな方向性を発表した。今後はSamsung(サムスン)やLG、Vizio、ソニーのスマートTVからでも利用できるようになる。

まず最初にSamsung向けのApple TVアプリがリリースされ、他のメーカーのスマートTVでも春から利用できるようになる。さらに、アプリはRokuやFire TVにも登場する。それだけでなく、秋にはmacOSにもサービス対象が広がるのだ。なお、Android端末やWindows 10向けの発表はなかった。

Apple TVアプリはすでにいくつかの国で提供されている(ただし、日本を除く)。そして年末までには、100カ国以上にサービス地域が広がる予定だ。

アプリではiTunes Storeからのコンテンツのレンタルや購入が可能で、さらにHBOやStarz、Showtimeといったケーブルテレビ局の購読サービス、あるいはSpectrumやAT&Tのオンデマンドサービスが利用できる。もちろん、本日新たに発表されたAppleの動画サービス「Apple TV+」も視聴可能だ。

tvOS(セットトップボックスのApple TVの内蔵OS)向けのApple TVアプリは、5月にソフトウェアアップデートにて提供される。また、Appleは視聴者のデータを他企業に共有しないことも付け加えた。

[原文へ]

(文/塚本直樹 Twitter

Source: TechCrunch Japan
Apple TVアプリがスマートTVやRoku、Fire TV、Macにも対応