サイバー犯罪は過去最多9040件検挙、イーサリアム標的のアクセスを通年検出し増加傾向 〜警察庁が平成30年サイバー犯罪統計レポートを公開

 警察庁は「平成30年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」の統計レポートを公開した。サイバー犯罪の検挙件数は増加傾向にあり、平成30年は過去最多の9040件となった。このうち、仮想通貨交換業者等への不正アクセス等による不正送信事犯は、認知件数169件、被害額約677億3820万円相当に上るとのこと。また、仮想通貨等を標的としたアクセスを、年間を通じて観測したという。

Source: 仮想通貨 Watch
サイバー犯罪は過去最多9040件検挙、イーサリアム標的のアクセスを通年検出し増加傾向 〜警察庁が平成30年サイバー犯罪統計レポートを公開