鏡の前に立つだけでプロに遠隔ファッション相談、エアークロゼットがJR東日本と協働

定額制ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」などを展開するエアークローゼットは3月8日、JR東日本グループのスタートアップ支援会社であるJR東日本スタートアップと共同で、遠隔パーソナルスタイリングサービスの実証実験を開始する。

この取り組みにおいて、エアークローゼットはJR東日本の駅構内に本サービス専用のスペースを設置。この会場には、2017年設立のスタートアップであるミラーロイドと同社が共同開発した「パーソナルスタイリング専用のスマートミラー」が設置されている。

ユーザーはこのスマートミラーの前に立つだけで、遠隔地にいるスタイリストとリアルタイムで会話でき、そのユーザーに合ったコーディネートの相談や、ファッションチェックを受けることができる。また、会場にはタブレット端末も用意されていて、その端末でファッション診断を受ければ、その結果を基にしたスタイリング提案も受けることができる。この取り組みは、3月9日と10日にJR長野駅で、そしてJR品川駅で3月18日〜21日まで開催されている。

エアークローゼットはこれまで、ユーザーに対してパーソナライズされたスタイリング提案をし、定額制でその人に合った服を貸し出すオンラインサービスのairClosetを提供してきた。また、2016年にはユーザーとオフラインの接点を持つために実店舗の「airCloset×ABLE(エアークローゼットエイブル)」をオープン。その他にも百貨店や商業施設との共同の取り組みなどを通して、ユーザーとの“リアルな接点”を増やしてきた。

今回の取り組みもその1つで、同社は今回のような駅構内だけでなく、公共施設やコンビニなどのチェーンストアとの協業によってオフラインの接点を増やしていくという。

Source: TechCrunch Japan
鏡の前に立つだけでプロに遠隔ファッション相談、エアークロゼットがJR東日本と協働