マーケティングの4pとは|現役マーケターが解説

マーケティングの4pという言葉を耳にしたことはありませんか?

この記事ではマーケティングの4pとはいったい何なのか?Webマーケティングにどのように活かせるのかを解説していきます。

マーケティングの4pとは

マーケッティングの4Pは

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(場所)
  • Promotion(販売促進)

から構成されておりそれぞれの頭文字のPから4Pと呼ばれています。

マーケティング4p分析

それではそれぞれのPを解説させていただきます。それぞれのPを分析したのち、改善点を洗い出していくことが4p分析では重要になります。

Product(製品)

ここでは販売している製品について分析を行います。ここでいう製品とはブランドやサービス、保証までを含めた製品をさします。この製品が顧客の何の課題を解決するのか。顧客にどのようなバリューを提供できるのか。これらを分析します。

Price(価格)

これは販売する際の価格分析ですね。ライバル他社はいくらで販売しているのか、ターゲットとなる顧客に適正な価格なのかブランドと照らしあわせて適切な価格なのかを分析します。

Place(場所)

店舗の出店場所は適切か? また、商品の流通はどのようになっているか?

このPlaceに対して革新的なサービスを提供しているのはAmazonですね。百貨店や店舗での販売場所という無駄を無くし莫大な利益をあげていっています。

Promotion(販売促進)

顧客のニーズや課題に応じ作成した製品を今度は幅広くマーケットに認知してもらう必要があります。また認知をしてもそこからキャンペーンやイベントなどを開催するなど、いかにして購入までに繋げるかを分析するのもこのPromotionにおいては重要な分析になります。

Webマーケティングにおける4p

さて、オウンドメディア などで数値の分析をしている方は、

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(場所)
  • Promotion(販売促進)

これらはあまり関係ないのではと考えがちですが、マーケターとしてこれらもしっかり考えていかなければなりません。その製品の強みは何か? 本当にユーザーにとってメリットの出せる製品なのか? 現場の顧客の声を取材して集め、価格に対する顧客の評価、キャンペーンの必要性などパソコンの前だけでなく実際に足を運んでヒアリングして実行に移すことで初めてマーケティングの4pが活かされます。

  • Product(製品)

Webで調査し、製品に対する口コミ評判やライバル企業の製品はどんなものか?といった情報をWebでは調べることができます。

  • Price(価格)

ライバル企業のライバル製品の価格帯、製品の価格帯に関する評判などを調査できます。

  • Place(場所)

Googleマップなどを使い、現在の自社の展開・場所による収益率の比較・分析、ライバル企業の出店場所の分析、新しい店舗の出店はどこが適切かなどWebを活用することで俯瞰して分析を行うことができます。

  • Promotion(販売促進)

ライバル企業のプロモーションやキャンペーンのまとめ、過去の自社のキャンペーン実施後の結果の分析などWebを使うことでより多角的な戦略を練ることが可能になります。

ネットで調べられて効率の良いものはネットで調べた方が良いですね。

Source: 暗号通貨大学校bitcamp
マーケティングの4pとは|現役マーケターが解説