ビットコインの分裂はなぜおきる?再分裂の可能性についても解説

価格高騰が続き、ニュースで話題のビットコイン。仮想通貨の中でもひときわ目立つビットコインですが、2017年8月に分裂騒動で世間を騒がせました。そして、ここにきてビットコインの再分裂が話題となっています。

今回はそもそもビットコインの分裂はなぜ起きるのか?再分裂があるとしたらいつ?ビットコインの価格変動にどのような影響があるのか、詳しく解説します。

 

ビットコインが分裂する理由

大手マイニングプール(発掘グループ)が「ビットコインキャッシュ」(BCC)という新しい仮想通貨の立ち上げを宣言し、8月1日にマイニングを開始しました。これが、ビットコインの初の分裂です。

そもそも、なぜ仮想通貨は分裂するのでしょうか?

仮想通貨が分裂する理由について、その仕組みが影響しています。

ビットコインの仕組みについて説明したこちらの記事を参考にしてください。

[これを読めばわかる!ビットコインの仕組みをわかりやすく解説]

ビットコインが抱える問題に「スケーラビリティ」の問題があります。

スケーラビリティとは、ビットコインのブロックチェーンのブロックサイズに制限があることから、処理できる取引数に制限があるというものです。

ビットコインが更に一般的なものになっていくためにはこのスケーラビリティの問題を解決しなければなりません。

しかし、ビットコインのブロックのサイズは1MBと決まっており、取引のサイズが大きいとブロックに入りきらず、処理に時間がかかってしまうという問題があります。

これでは、ビットコインの広がりにストップがかかってきます。

2017年からビットコインの市場規模は拡大し続けており、ビットコインの利用者が増えることで、この問題は大きくなってきました。

この問題について、ビットコインのソフトウエアを管理する開発者と、取引を監視する業者と2種類の専門家が中心になって話し合われてきました。

その結果、「スケーラビリティ」を解決する方法のひとつとして分裂(ハードフォーク)が行われたのです。

【2017年8月1日】ビットコインの分裂で生まれた「ビットコインキャッシュ」のその後

ビットコインの分裂により、8月に誕生した「ビットコインキャッシュ」。

その後は、分裂したビットコインキャッシュを元のビットコインとして認める取引所はありませんでした。現在、ビットコインキャッシュはアルトコインとして普及しています。

ビットコインキャッシュの時価総額ランキングは、誕生時の8月は3位、9月3位、10月4位と他のアルトコインに比べても上位に安定しています。

2017年上半期、仮想通貨の時価総額ランキングはこちらの記事をごらんください。

[今さら聞けない!仮想通貨の特徴とおすすめランキング]

ビットコインキャッシュの時価総額ランキングは10月に4位と低下しましたが、3位のリップルとは時価総額で大幅に差があるわけではありません。

そのことから、今後も運用に期待できるアルトコインの一つと言えるでしょう。

ビットコインの再分裂はいつ起きる?

8月の分裂騒動で一時的に仮想通貨の取引や利用を停止するなど、世界が混乱しました。

今後もそのような分裂騒動はおきるのでしょうか?

ビットコインゴールド(BTG)は10月25日

直近でビットコインの再分裂の時期とされているのが10月25日です。

今回の再分裂で生まれる新しい通貨の名前はビットコインゴールド(BTG)。香港に拠点を置くマイニング(採掘)企業がビットコインの再分裂を計画したとされいます。

今回の再分裂が実現すれば、8月に誕生したビットコインキャッシュ(BCC)と同様にビットコイン(BTCから分裂する予定です。

仮想通貨取引所「 Zaif」は10月20日(金)以下のようにBTGの付与・入出金・取引について立場を表明しています。

BTGにおける対応について

下記の可能性があるため現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断いたしました。

・リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある

・マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある

・何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

ただし「前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定」とも述べており、今後 ZaifでBTGを取り扱う可能性はあります。

10月25日に予定されている再分裂の動向と新しく生まれる仮想通貨を各取引所がどのような立場をとるかが注目されています。

segwit2xは11月19日

segwit2xとは、ニューヨーク合意の基づいて実装されているビットコインの「規格」のことです。

「ビットコインは10月に分裂して、さらに11月にも!?そんなに分裂を繰り返すビットコインは大丈夫なのか?」

そんな疑問を持つ人も少なくないはずです。

そもそも、11月に予定されているビットコインの分裂はニューヨーク合意で予め決まっていたのものです。

ビットコインはその処理能力の課題を指摘されており、その解決策が提示されてきました。そのビットコインの課題に対する解決策として「分裂」があるのです。

ビットコインのバブルはいつまで続くの?

ビットコインの市場規模は2017年から急速に拡大し、その時価総額は現在8兆円を突破しています。

ビットコインの価格変動の歴史はこちらの記事に詳しくまとめてあるのでご覧ください。

[ビットコインの価格変動は何故おきる?過去5年間の歴史をご紹介]

ビットコインの分裂による価格の影響はあるのか?

2017年8月のビットコインの分裂により、ビットコインの時価総額は一時的にやや下落しましたが、分裂後に上昇しています。

その後、中国がICO(仮想通貨発行による資金調達)の全面禁止を発表したことを受けて、ビットコインの価格が下落しましたが、再び高騰に転じて現在(2017年10月)は最高値70万円台を記録しました。

8月の分裂前後のビットコインの価格動向から、今後予定されている分裂による直接的な価格の下落はないと考えられます。

ただし、今回のビットコインの分裂は10月25日と11月19日の2回あると言われており、分裂か短期間で繰り返されることによる価格の影響は計り知れません。

仮想通貨バブルの終わり

ビットコインの価格高騰が続く中、「いつ仮想通貨バブルが終わりを向かえるのか」と噂がたえません。仮想通貨は株価のように高騰と下落があります。

日本経済はバブル崩壊後にデフレに陥ったように、仮想通貨バブルもはじけてしまうのでしょうか?

現在、仮想通貨で時価総価格が常にトップであるビットコインは市場規模が拡大し、価格の変動が大きく安定していません。

仮想通貨バブルについては、いつはじけてしまうのか誰にも予想できないため現状の様子を見守っている他なさそうです。

さいごに

今回は今後予定されているビットコインの分裂についてご紹介しました。

仮想通貨には詐欺コインや取引所「リップルトレードジャパン」(RTJ、浜松市)の代表が詐欺の疑いで逮捕される事件など、犯罪が横行しており様々な疑惑が立っています。

仮想通貨自体も発展途上にあり、今後も分裂や価格の高騰・下落など先が読めません。

ただし、その市場規模は常に拡大してきており、ビットコイン決算が可能な店舗が増加してきています。私たちの日常に仮想通貨が当たり前にようにやりとりされる風景もそう遠くない未来にあるかもしれません。

Source: 暗号通貨大学校bitcamp
ビットコインの分裂はなぜおきる?再分裂の可能性についても解説