富士通、ブロックチェーン活用で電力消費者間で余剰電力を直接取引するシステムを開発 〜電力融通システムの「デマンドレスポンス」を従来比4割改善の実験結果

 富士通株式会社と株式会社富士通研究所は1月30日、ブロックチェーン技術を応用し、電力の需要家(工場や店舗などの電力の使用者)間で不足・余剰電力を取引するシステムを発表した。本システムは、近年取り組みが進む電力会社と需要家が協力し電力使用量を調整・制御するデマンドレスポンス(DR)において需要家が対応しきれていないという課題を解決し、電力融通の成功率を改善するという。シミュレーションでは、DR成功率(要請された節電量を達成し報酬を受け取れた割合)が約4割向上する結果が得られたとしている。

Source: 仮想通貨 Watch
富士通、ブロックチェーン活用で電力消費者間で余剰電力を直接取引するシステムを開発 〜電力融通システムの「デマンドレスポンス」を従来比4割改善の実験結果