Chaintope社がLightning Networkで独自トークンを扱うInazmaを開発 〜混雑なしで大量、高速の決済処理が可能に

 ブロックチェーン基盤技術の研究開発に取り組むスタートアップ企業の株式会社chaintope(以下、Chaintope社)は1月23日、Lightning Network上で独自トークン(カラードコイン)を発行、利用するプラットフォーム「Inazma」を開発すると発表した。独自トークンを発行し、高速な取引をきわめて少額の手数料で実施する使い方が可能となる。2019年上半期に実証実験を開始し、2019年中のサービス実装を目指す。

Source: 仮想通貨 Watch
Chaintope社がLightning Networkで独自トークンを扱うInazmaを開発 〜混雑なしで大量、高速の決済処理が可能に