VW、次世代EV生産でテネシー工場に8億ドル投資

フォルクスワーゲン(VW)は、次世代の電気自動車生産で米国の工場拡張に8億ドルを投資する。

テネシー州チャタヌーガにある工場が、北米における電気自動車(EV)生産拠点となる、とCEOのHerbert Diessは月曜日、デトロイト・オートショーであったプレゼンテーションで述べた。この拡張に伴い、プラントで新たに1000人を雇用する。

VWのチャタヌーガ工場拡張は、2015年の排ガス不正問題に端を発したディーゼルからの撤退という大きな計画の一部にすぎない。グローバルではVWグループはEVとデジタルサービスの開発・販売に向け、2023年までに約500億ドルを投資する計画だ。フォルクスワーゲン・ブランド(アウディやポルシェは含まない)単体で2020年までに世界で15万台のEVを販売し、2025年までにはその数を100万台に増やすと見込んでいる。

同社はまた、ドイツ・ツヴィッカウにも欧州施設を建設中で、EV生産を2019年に開始する。さらには、2020年に中国の上海・安亭鎮と広東・仏山の設備で、2022年までにはドイツ・エムデンとハノーバーでもEVの生産を始める。

テネシー工場は他の新設備と同様、2016年に導入されたMEBというモジュラー・エレクトリック・ツールキットキャシーを使ってEVを生産する。MEBはEV生産のためのフレキシブルなモジュラーシステムで(共通するパーツの基盤だ)、これにより生産が効率的になり、また費用対効果も上がるとVWはしている。

テネシー工場でのEV生産は2022年に始まる。しかし、フォルクスワーゲン・オブ・アメリカはMEBプラットフォームによる初のEV納車は2020年になる、と言っている。

このEVは、昨年の北米国際オートショーで初めて披露したI.D. CROZZ SUVコンセプトのプロダクトバージョンとなる見込みだ。これはコンパクトSUVの形状でありながら内部空間が中くらいのSUVだ。フォルクスワーゲン・オブ・アメリカはまた、I.D. BUZZコンセプトをベースとした多目的EVの提供も計画している。

VWは、2011年に開所したチャタヌーガ工場で中型のAtlas SUVとPassatセダンを生産している。Atlasの5人乗りバージョンであるAtlas Cross Sportの生産は同工場で今年後半に始まる見込みだ。

「フォルクスワーゲンは製造とR&Dを拡大するため、米国に引き続き投資する。今日発表した電気自動車の生産のようなプロジェクトと、現地生産の決定の変更は、USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)を含めた最近の貿易政策の流れに沿ったものだ」とDiessは述べた。

イメージクレジット: VW AG

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch Japan
VW、次世代EV生産でテネシー工場に8億ドル投資