アプリ開発費用っていくらが相場?

アプリの開発を検討しているが、相場がわからないといったことはありませんか?

この記事ではアプリケーション開発の相場などを紹介していきます。

また弊社ではWebメディアや、アプリケーション開発の受託も行なっています。

お困りの方はぜひご相談くださいませ。

目次

アプリ開発費用内訳

アプリ保守費用

アプリ開発期間

マッチングアプリの開発費用

アプリ開発費回収について

自作アプリ開発費用

アプリ開発会社

アプリ開発費用内訳

こちらは案件ごとに異なります。

開発期間・実装する機能や、エンジニアの人数、アプリのページ枚数などで変動します。

ただ、エンジニアの人件費は月に大体だ60〜100万程度と御考えください。

例をあげますと

例 3ヶ月でのアプリ開発

エンジニアの人件費100万×3ヶ月 =300万円

といったように見積もることが可能です。

また、時給でも計算している受託企業もあります。その場合、エンジニアの時給を最低でも2500円から考えておくと良いでしょう。

アプリ保守費用

ただし、アプリケーションは開発するだけではダメです。

作った後には保守・運用をしていかなければなりません。なので、費用はさらにかかってくることを念頭においた方が良いでしょう。

運用・保守費用に関しては、案件で異なります。

そこは開発会社とよく相談しておく必要があるでしょう。

アプリ開発期間

アプリの開発期間は、案件ごとに異なると考えた方が良いでしょう。

目安として、簡単なアプリで大体が3ヶ月。

以降は3ヶ月刻みでお引き受けすることが多いです。

マッチングアプリの開発費用

弊社でも頻繁にご相談を受けるマッチングアプリの開発費用ですが、これは相場価格で500万円以上と御考えください。

今はたくさんのマッチングアプリが出てきているので、どこも開発費は高騰しています。

また実運用に耐えうるマッチングアプリとなるとサーバーもそれなりのものを用意しないといけません。

弊社ではご相談次第で300万円以下に抑えることも可能です。ただし、出会い系関連などは国から許可をもらわなければなりません。そのお手続きはお客様ご自身でお願いいたします。)

アプリ開発費回収について

アプリケーションの開発費用をかけたのはいいけど、どうやって回収したら良いのかわからないなどといったお困りの声を聞くことも多いです。

回収できるか否かはアプリのビジネスモデルにもよりますが、そもそも作ったアプリをどのように宣伝していくかなど事前に戦略を練る必要があります。

アプリは開発しても使ってもらえなければ意味がありません。

ですので、作成前にも必ず広告戦略を練ってからアプリの開発に取り組むようにしましょう。

自作アプリ開発費用

自作でアプリを作るにはかなりの労力を覚悟しましょう。

これも作るアプリによりますが、サーバの費用・エンジニア人件費(他のエンジニアに手伝ってもらうなら)が費用としてはかかってくるでしょう。

プログラミングに慣れている方であれば3ヶ月もあれば中規模アプリの開発はできるでしょう。

自作アプリでも開発する際に考えなければならないのは、費用を回収できるのか? 時間はどのくらいかかるのか?

などを常に考えて事前に見立てをしておきましょう。

アプリ開発会社

アプリの開発企業は調べるとかなり多くの受託会社が出てきます。

ただしそういった受託会社を紹介して中間マージンを取ろうとするところもかなり多く出てきています。

ですので、そういったところから依頼するのではなく、直接開発会社へ見積もりを依頼した方が得策でしょう。

当サイトでも所属エンジニアが開発のご相談に乗ることも可能です。(実績等は下記ページをご参照くださいませ)

また弊社ではコンテンツマーケティングを行なっており、アプリの宣伝・広告戦略もご相談いただけます。

ぜひご相談ください。


アプリ開発費用っていくらが相場? was originally published in Bit-create on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.

Source: 暗号通貨大学校bitcamp
アプリ開発費用っていくらが相場?