GMOインターネットが仮想通貨マイニング事業に係る特別損失355億円を計上する見込み 〜マイニング事業は継続するもマイニングマシンの開発・製造・販売は中止

 GMOインターネット株式会社は12月25日、同社の取締役会において、2018年12月期第4四半期決算に仮想通貨マイニング事業に係る特別損失として、連結決算上355億円の特別損失を計上する見込みであることを決議し、情報を開示した。今後、同社マイニング事業は収益構造を再構築し継続するも、マイニングマシンの開発・製造・販売については中止することを発表した。

Source: 仮想通貨 Watch
GMOインターネットが仮想通貨マイニング事業に係る特別損失355億円を計上する見込み 〜マイニング事業は継続するもマイニングマシンの開発・製造・販売は中止