IoT/M2M関連ソリューション提供のアプトポッドが8億調達

自動車産業をはじめとするさまざまな産業に向けIoT/M2M関連ソリューションを提供するアプトポッドは12月20日、シリーズBラウンドで総額約8億円の第三者割当増資による資金調達を実施したと発表。引受先は鴻海ベンチャー投資のパートナーである2020、未来創生2号ファンド、そしてSUBARU-SBI Innovation Fund。

2006年に設立され産業IoTミドルウェア/サービス製品を開発・提供しているアプトボットは2017年2月に実施したシリーズAの資金調達以降、大型案件やグローバル展開へ向けた人材採用の強化、製品機能の拡充、そして革新的な産業 IoT の実現に向けた新たな研究開発に注力してきた。

2018年、同社は1月に動車産業における研究開発向けクラウドサービスパッケージ「Visual M2M Automotive Pro」、そして5月に産業IoTミドルウェア「intdash」ならびに時系列データの可視化・ 解析を支援するWebアプリケーション「Visual M2M」を正式リリース。

同じく2018年5月にはサイボーグを開発するメルティンMMIとサイボーグ技術と高速IoT技術の融合によるアバターロボットプラットフォームの実現を目指した共同研究を開始したと発表している。

自動車、産業機器、ロボティクス/ドローンなどの産業における「大容量モバイル通信(大容量 LTE/5G)を視野に入れたデジタルトランスフォーメーションプロジェクト」や「次世代に向けたコネクテッドサービスプロジェクト」、「MaaS社会に向けた実証プロジェクト」など先進的なプロジェクトにおいて、アプトポッド製品の採用が進んでいるという。

アプトポッドいわく本ラウンドは「これらの採用実績や急増するプロジェクトへの対応を踏まえ、事業会社との関係性強化 による事業拡大、経営資源の確保、製品開発の加速」を目的とした資金調達。具体的には、様々な次世代要件に向けた技術開発を深化、製品機能の拡張開発・急増するプロジェクトへの安定対応体制の強化、そして海外事業展開を目的としている。

Source: TechCrunch Japan
IoT/M2M関連ソリューション提供のアプトポッドが8億調達