リミックスポイントがブロックチェーン技術を活用したアグリゲーター事業参入を検討 〜日本IBM支援のもと「エネルギーコンソーシアム」を構築し再エネ余剰電力を集約する

 株式会社リミックスポイントは11月15日、国によって制定された電力の固定価格買取制度(FIT)による買取期間が2019年に終了することにより発生する大量の余剰電力を集約し活用する、新たなエネルギー・マネジメント・サービスの策定を開始した。新サービスの策定では、日本アイ・ビー・エム株式会社の支援のもと、リミックスポイントが持つ電力小売事業と仮想通貨関連のブロックチェーン技術に関する知見を活かし、再生可能エネルギー取引のスキームを検討していく。

Source: 仮想通貨 Watch
リミックスポイントがブロックチェーン技術を活用したアグリゲーター事業参入を検討 〜日本IBM支援のもと「エネルギーコンソーシアム」を構築し再エネ余剰電力を集約する