ジュリアン・アサンジ、インターネットを遮断されてWikiLeaks編集長を退任

WikiLeaksのトップが交代した。ファウンダーで争い好きのリーダー、Julian Assangeが退き、元WikiLeaks広報担当者のKristinn Hrafnssonが指揮をとる。WikiLeaksが言うところの「異例事態」よってAssangeが「連絡不能」になったためだ。

Assangeは2006年に同組織を設立し、以来編集長を務めてきた。後任となるアイスランドのジャーナリスト、HrafnssonはWikiLeaksにとって新しい人物ではない。以前Hrafnssonは「WiliLeaksの法律プロジェクトを指揮した」ことがあり、Assangeは日常業務を徐々に減らしていたとされている。Assangeは組織のパブリッシャーとして引き続き関わっていく。

Assangeは、2012年に性的暴行の容疑によるスウェーデンへの送還から逃れるために初めて亡命を試みて以来、ロンドンのエクアドル大使館に潜伏中だ。6ヶ月前、エクアドル政府はAssangeの隔離を決行し、インターネットを切断するとともに面会を禁止した。

報道によるとAssangeは エクアドルの新大統領、Lenín Morenoと緊張関係にある。同氏はAssangeを前政権から引き継がれた受け入れがたい問題と捉えているふしがある。Moreno大統領はAssangeの拘束について、「彼の命に危険があるとわれわれが想定する限り」としている——これはWikiLeakのファウンダーの近い将来に疑いの余地を残す発言だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: TechCrunch Japan
ジュリアン・アサンジ、インターネットを遮断されてWikiLeaks編集長を退任