SBI Ripple Asiaが電子決済等代行業者の登録を完了、国内で営む条件を満たす 〜Ripple社の分散型台帳技術活用のスマホ用送金アプリ「Money Tap」で個人間送金を実現

 SBI Ripple Asia株式会社は9月26日、日本国内で電子決済等代行業者としての登録を完了し、国内で電子決済等代行業を営む条件を満たしたことを発表した。SBI Ripple Asiaは米Ripple社とSBIホールディングス株式会社のジョイントベンチャーで、Ripple社の分散型台帳技術「xCurrent」を活用したスマートフォン用送金アプリ「Money Tap」を提供するなど、次世代決済基盤をアジア地域で展開する企業だ。

Source: 仮想通貨 Watch
SBI Ripple Asiaが電子決済等代行業者の登録を完了、国内で営む条件を満たす 〜Ripple社の分散型台帳技術活用のスマホ用送金アプリ「Money Tap」で個人間送金を実現