JPCERT/CC、身代金を仮想通貨で要求するランサムウェアの実態調査などを公表 〜仮想通貨や匿名通信システム、ダークウェブ、ディープウェブなどを悪用

 一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(以下、JPCERT/CC)は7月30日、「ランサムウエアの脅威動向および被害実態調査報告書」を公表した。身代金を仮想通貨で要求することが初めて確認された「CryptoWall」や、自己伝染機能を持つ「WannaCry」など、ランサムウェアが仮想通貨や匿名通信システム、ダークウェブ、ディープウェブなどの最新技術のほか、OSなどの脆弱性を悪用する動向や実態などが解説されている。

Source: 仮想通貨 Watch
JPCERT/CC、身代金を仮想通貨で要求するランサムウェアの実態調査などを公表 〜仮想通貨や匿名通信システム、ダークウェブ、ディープウェブなどを悪用