TikTokが子供のアプリ使用を制限する新ペアレンタルコントロールを導入

TikTokは2月19日、「ファミリー・セーフティ・モード」という新ペアレンタルコントロールの導入を発表した。これは親がティーンエイジャーの子どものTikTokモバイルアプリの使用に制限を設けることが可能にするためのもの。スクリーンタイム管理のコントロール、ダイレクトメッセージの制限、不適切なコンテンツの表示を制限するモードなどを備える。

TikTokによると、ファミリー・セーフティ・モードを利用できるようにしたい親は最初にアプリで自分のアカウントを作らなければならない。このアカウントは子供のアカウントにリンクされる。利用可能な状態になったら、親は子どもが毎日TikTokアプリに費やすことのできる時間や、ダイレクトメッセージを送受信できる相手の制限や排除、不適切なコンテンツの表示を制限するモードなどをコントロールできるようになる。

はっきりさせておくと、これらの機能はすでにユーザー本人が自分のために利用することができる。新ファミリー・セーフティ・モードは単に親や保護者がティーンエイジャーのスイッチをオンにしたりオフにしたりといった設定をできるようにするものだ。親が関与しないところで子どもが変更することはできない。

TikTokがどのようなスクリーニングプロセスを採用しているのか説明がないため、制限モードがどれくらいうまく機能するのかははっきりしない。ただ、TikTokほどのスケールで展開されているアプリの場合、大部分は不適切なビデオにフラッグを立てるユーザーに頼っていることが考えられる。また制限モードはユーザーエクスペリエンスをコントロールする単純な手段とはならないことを親は認識すべきだろう。

新ペアレンタルコントロールは実際にはユーザーが自分のために使用できるコントロールのサブセットにすぎない。例を挙げると、ユーザーはアカウントをプライベートにしたり、コメントやデュエットの可否をオフにしたりすることができる。

ただ、ペアレンタルコントロールはTikTokアプリの常習性や届いたコンテンツ、親がモニターできないプライベートメッセージに対する親が持つ最大の懸念にいくらか応えるものだ。

今回の導入は、政府当局によるTikTokへの監視の目が厳しくなっていることを受けての動きだ。TikTokは北京拠点のByteDanceが展開している。

2019年に米連邦取引委員会は、米国の児童プライバシー法COPPAに違反したとしてMusical.ly(ByteDanceに買収されたアプリ)に570万ドル(約6億3000万円)の罰金を科した。また英国でTikTokは、子どものデータ保護をめぐってGDPRに違反した疑いで情報コミッショナーオフィス(ICO)の調査を受けている。

この新ペアレンタルコントロールはまず英国で今日から利用できる。これは偶然ではない。今後数週間のうちに他のマーケットでも展開するとTikTokは話したが、どこで展開するのか具体的に示さなかった。

しかしペアレンタルコントロールは欧州の法律を念頭にデザインされている。米国ではTikTokは若いユーザー向けの年齢証明を導入しているが、親向けのコントロールはない。

ファミリー・セーフティ・モードの立ち上げに加え、TikTokは端末使用時に休憩をはさむようユーザーに勧告するためにスクリーンタイム管理についてのセーフティビデオ制作でクリエイターと提携した。ビデオはTikTop Tipsビデオ集に加えられ、本日から英国で閲覧できるようになる。

画像クレジット:TechCrunch

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi

Source: TechCrunch Japan
TikTokが子供のアプリ使用を制限する新ペアレンタルコントロールを導入