証券の国際規制組織IOSCO、規制当局向けに仮想通貨事業規制の方針示す文書公開 〜G20大阪サミット経た最終報告書で考慮すべき7つ事項とリスクを分析

金融庁は2月19日、証券監督者国際機構(IOSCO)の報告書「暗号資産取引プラットフォームに関する論点、リスク及び規制に係る考慮事項」について、内容の要約となる仮訳を公開した。IOSCOの報告書は、暗号資産取引プラットフォームについて、その論点とリスクを説明し、対処を行う規制当局への支援が目的。市場の公平性や顧客資産の保護など、重要な考慮事項を記したものだという。

Source: 仮想通貨 Watch
証券の国際規制組織IOSCO、規制当局向けに仮想通貨事業規制の方針示す文書公開 〜G20大阪サミット経た最終報告書で考慮すべき7つ事項とリスクを分析