中部電力、AI・IoT・ブロックチェーン活用も視野に入れた顧客参加型取引サービス「これからデンキ」を開始

 中部電力株式会社は7月23日、顧客参加型取引サービス「これからデンキ」を8月1日から開始することを発表した。顧客自らが発電した電気をさまざまな形で取引できる。将来的にはAIやIoTを駆使しながら、発電や電気の使用状況などの情報を収集・学習させ、ブロックチェーンに記録するなど、先進技術の活用を視野に入れた新たなサービスとなる。

Source: 仮想通貨 Watch
中部電力、AI・IoT・ブロックチェーン活用も視野に入れた顧客参加型取引サービス「これからデンキ」を開始