「シカにもアドレスを振った」プライベート型ブロックチェーン技術mijinでジビエ食肉のトレーサビリティー管理システムを構築 【第2回プライベートブロックチェーンmijin活用セミナー】

 テックビューロが提供するプライベート型ブロックチェーン技術「mijin」の事例の中で、公表された最初の実運用事例が、日本ジビエ振興協会のジビエ食肉トレーサビリティー管理のためのシステムだ。狩猟で捕獲したシカやイノシシなど野生鳥獣の食肉の流通を管理する。2017年10月に事例として公表している(発表資料)。テックビューロは6月26日に「第2回プライベートブロックチェーンmijin活用セミナー」を開催し、その詳細について報告した。

Source: 仮想通貨 Watch
「シカにもアドレスを振った」プライベート型ブロックチェーン技術mijinでジビエ食肉のトレーサビリティー管理システムを構築 【第2回プライベートブロックチェーンmijin活用セミナー】